持続可能性管理: Level 6

持続可能性に関する要件と要因をシステムとサービスに組み込むための全体的なアプローチを策定することができる。仕様、設計および運用におけるエネルギー効率の問題に対処するために使用すべき関連する手法およびツールを決定することができる。