持続可能性管理: Level 5

システムおよびサービスの仕様、設計、運用において、持続可能性に関する問題が適切に対処されていることを確認するための新しい業務慣行を計画、実施することができる。使用すべき手法、ツールおよび業務慣行を推奨することができる。材料の廃棄に関する組織全体での慣行を策定することができる。エネルギーおよび材料を効率的に使用するためのコンポーネントとサービスの適合性のための基準を設定することができる。