持続可能性管理 SUMI

企業の戦略と方針、および規制と契約要件の文脈において、エネルギーまたは材料の消費と廃棄を削減または制限することを目的とした資産、システム、プロセスまたは業務慣行の変更の仕様作成、計画、管理を実施する。計画されたメリットが得られたかという点で変更を評価する。計画されたメリットが得られなかった場合、是正とプロセス改善活動を詳細に計画するを特定する。代替の供給元を特定、計画する。

持続可能性管理: レベル 6

持続可能性に関する要件と要因をシステムとサービスに組み込むための全体的なアプローチを策定することができる。仕様、設計および運用におけるエネルギー効率の問題に対処するために使用すべき関連する手法およびツールを決定することができる。

持続可能性管理: レベル 5

システムおよびサービスの仕様、設計、運用において、持続可能性に関する問題が適切に対処されていることを確認するための新しい業務慣行を計画、実施することができる。使用すべき手法、ツールおよび業務慣行を推奨することができる。材料の廃棄に関する組織全体での慣行を策定することができる。エネルギーおよび材料を効率的に使用するためのコンポーネントとサービスの適合性のための基準を設定することができる。