手法およびツール: Level 6

現在および将来のビジネス要件全般に合致する手法、方法論およびツールの導入と使用の方向性を決定、率先して実施し、すべてのユーザーグループでの一貫性を確保することができる。