現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 戦略とアーキテクチャ / 技術戦略および計画 / 最先端技術モニタリング

最先端技術モニタリング EMRG

新しい、および開発中のハードウェア、ソフトウェア、通信技術製品、サービス、方法および手法を識別し、ビジネスイネーブラーとしてのそれらの関連性と潜在的な価値を評価し、コスト、性能または持続可能性の改善を実施する。スタッフと経営者による最先端技術の認識を促進する。

最先端技術モニタリング: レベル 6

新しい及び新興のハードウェア、ソフトウェア、通信技術、製品、方法および手法の認識と評価を調整することができる。組織に対するこれらの潜在的な関連性を評価することができる。スタッフと経営者に対し定期的に説明を行うことができる。

最先端技術モニタリング: レベル 5

現在の最先端技術の知識と理解を得るために市場のモニタリングを行うことができる。自身の専門性に基づき、新しい、および開発中のハードウェア、ソフトウェア、技術および製品を識別し、組織に対するそれらの関連性と潜在的な価値を評価し、スタッフと経営者への説明において重要な役割を果たす。

最先端技術モニタリング: レベル 4

変化に対処し、新しい働き方を可能にする、新しい技術が提供する機会を継続的に認識する。自身の影響の及ぶ範囲内で最先端技術と製品を調査し使用することにより、組織目標の達成に貢献する。組織に対するそれらの関連性と潜在的な価値に関する説明とプレゼンテーションに寄与する。