現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 戦略とアーキテクチャ / 技術戦略および計画

技術戦略および計画

最先端技術モニタリング EMRG

新しい、および開発中のハードウェア、ソフトウェア、通信技術製品、サービス、方法および手法を識別し、ビジネスイネーブラーとしてのそれらの関連性と潜在的な価値を評価し、コスト、性能または持続可能性の改善を実施する。スタッフと経営者による最先端技術の認識を促進する。

ビジネス継続管理 COPL

サービスの継続的な提供を計画、サポートする。これには、重要なビジネスプロセスをサポートする情報システムの特定、それらのシステムの可用性、整合性、機密性に対するリスクの評価、計画、設計、検証、保守手順の調整、漏洩に対処し、合意された継続性のレベルを維持するための危機管理計画が含まれる。この機能は、組織全体のビジネスの継続性を計画する機能の一部、または、その密接な協力によって実行する必要がある。

持続可能性管理 SUMI

企業の戦略と方針、および規制と契約要件の文脈において、エネルギーまたは材料の消費と廃棄を削減または制限することを目的とした資産、システム、プロセスまたは業務慣行の変更の仕様作成、計画、管理を実施する。計画されたメリットが得られたかという点で変更を評価する。計画されたメリットが得られなかった場合、是正とプロセス改善活動を詳細に計画するを特定する。代替の供給元を特定、計画する。

ネットワーク計画 NTPL

組織のビジネス戦略のサポートにおけるデータ、音声、テキスト、画像の通信をカバーする全体的なネットワーク計画を策定、維持する。これには、サービスレベル合意策定への参加と、その合意に一致するネットワークサービスの提供を保証するために必要なインフラのあらゆる側面の計画が含まれる。物理的な実装には、銅線、光ファイバ、無線、またはその他の技術が含まれる。

ソリューションアーキテクチャ ARCH

現在および将来のビジネスニーズを満たす統合ソリューションの設計と開発を可能にし、その指針となる高レベルの構造の設計、伝達を行う。ソリューションアーキテクチャには、技術コンポーネントの他、サービス、プロセス、組織および運用モデルの変更が含まれる。アーキテクチャ定義では、ビジネスプロセスの自動化などの要件(を満たす方法、完全に満たされない要件、およびビジネス上の意思決定のために必要なオプションまたは考慮事項を記載する必要がある。関連するアーキテクチャ、戦略、方針、基準および(業務慣行(セキュリティを含む)が考慮され、既存および計画されたソリューションコンポーネントが互換性を維持していることを保証するため、ソリューションコンポーネントの開発および変更に関する包括的な指針を提供する。

データ管理 DATM

組織の情報をまとめたすべての形式のデータとデータ構造のセキュリティ、整合性、安全性および可用性を保証するための手順とプロセスを管理する。あらゆる形式のデータと情報を管理し、情報構造を分析する(分類、データおよびメタデータの論理的な分析を含む)。組織の情報資産の革新的な管理方法を開発する。

手法およびツール METL

システムの計画、開発、検証、運用、管理および維持のための適切な手法およびツールが組織全体で効果的に導入、使用されていることを確認する。