現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 戦略とアーキテクチャ / 情報戦略 / ITガバナンス

ITガバナンス GOVN

情報、デジタルサービスおよび関連技術の使用に対する組織のアプローチを確立、監督する。デジタルサービス提供に対する責任、現在および将来のビジネス要件を満たすサービスとサービス品質のレベルに対する責任、従うべき法律および規制に準拠するための方針と実務に対する責任、組織のビジネス戦略を可能にする技術のための戦略計画に対する責任、透明な意思決定に対する責任、利害関係者のベネフィット、機会、コスト、リスクの適切なバランスを維持しつつ投資の正当化を推進する責任を含む。

ITガバナンス: レベル 7

情報に関するコーポレートガバナンスの組織の方針の策定と伝達をリードすることができる。組織のビジネス戦略の現在および将来のニーズを満たす戦略計画と、現在および将来の能力に寄与する。技術関連の買収のための正当な理由につながる明確な意思決定を促進することができる。サービスの提供、サービスのレベルおよび品質を監視することができる。組織のビジネスプロセスが関連法規に準拠しており、組織が関連する基準の原則に従って運営されていることを確認することができる。すべてのステークホルダーの現在および将来のニーズを認識する方針、慣行、意思決定を促進することができる。

ITガバナンス: レベル 6

経営者(取締役、理事など)の業務と、組織と外部当事者の間の適切な関係をサポートするため、適切な人員配置を行い、確認することができる。管理プロセス(および意思決定)の検証に責任を負い、それらが組織の情報に対するコーポレートガバナンスの戦略に従ったものであることを確認することができる。関連する基準およびそれらの基本原則に精通している。新しいビジネス提案を検証し、コンプライアンス問題に関する専門的な助言を提供することができる。関連する規制当局に対し組織の連絡先窓口として機能することができる。関連法規に準拠するための方針と基準を設定することができる。

ITガバナンス: レベル 5

情報システムが法律に準拠していることを確認し、必要な変更を特定することができる。組織の方針、規程の遵守と全般的な情報管理戦略の確認に対する責任を負う。