情報保証 INAS

保管中および送信中の情報とデータの整合性、可用性、信頼性、否認防止および機密性を保護する。ステークホルダーからの信頼を獲得するため、実用的かつ費用対効果の高い方法でリスクを管理する。

情報保証: レベル 7

ビジネスの戦略的要件をサポートするための企業の情報保証戦略の策定および検証を指示することができる。組織の情報と情報システム全体にわたる戦略、方針、基準と慣行を策定し、組織の情報と情報システム全体にわたり、情報保証に関する専門知識、助言と指針を提供することにより、情報保証に従ったビジネス戦略を策定できる。

情報保証: レベル 6

企業の情報保証の方針、基準および指針を策定することができる。将来のビジネスリスクと情報管理要件に対処するための組織的な戦略の策定に寄与する。アーキテクチャに関する原則が適用され、要件が定義され、厳格なセキュリティ検証が実施されていることを確認するため、専門的な助言と指針を提供することにより、方針と基準への準拠を推進することができる。環境と市場の動向を評価、監視し、ビジネス上の戦略、利点、リスクに対する影響を前もって評価することができる。

情報保証: レベル 5

情報方針とセキュリティ方針を解釈し、リスクを管理するためにこれらを適用することができる。情報保証のアーキテクチャ、戦略、方針、規格および指針の採用と遵守を確認するための助言と指針を提供することができる。情報保証をサポートするための検証を行うことができる。方針、基準および指針の策定に寄与する。