コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

持続可能戦略 SUST

確立された企業戦略を考慮し、方針と計画のための基礎として使用し、エネルギーと材料の消費と調達の両方をカバーする持続可能戦略を策定する。必要に応じ、政治、法律、経済、社会、技術的な要因を評価、包含する。導入するべき主要な外部の基準、業務慣行またはスキームを特定する。社内外の特定されたステークホルダーと協力する。戦略への合意を取得し、それに基づいて行動する。

持続可能戦略: レベル 6

持続可能性に関してリーダーシップと指針を提供し、持続可能なIT戦略の開発をリードし、社内で使用する資源の供給元、コントロール、測定を実施し、資源効率の高い製品とサービスの調達を行い、法的要因を考慮することができる。

持続可能戦略: レベル 5

組織のエネルギーと材料の使用に関する1つまたは複数の様々な要素についての深い分析を実施し、また戦略の要素を推奨することにより戦略の策定に寄与し、自身の専門領域における綿密な助言を提供することができる。担当の領域で生じるリスク分析を提供することができる。

持続可能戦略: レベル 4

方策に関する異なった意思決定が、組織の持続可能性にどのように影響を与えるかを評価、報告することができる。運営プロセスおよび戦略の方向性に影響を与える政治的、法的、技術的、経済的、社会的な要因とリスクを評価することができる。