現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 戦略とアーキテクチャ / ビジネス戦略および計画 / 調査またはリサーチ

調査またはリサーチ RSCH

事前に定められた調査目標を達成するため、データの収集、革新、試験的実施、評価、配布を行うことにより知識の向上を図る。

調査またはリサーチ: レベル 6

調査目標を設定し、調査プロジェクトにおける資金の投資に関する効果的な提案を行い、組織の調査方針の策定において主要な役割を果たし、調査部門の業務を監督することができる。関連する調査活動を理解し、所属組織の外部の専門的な活動において重要な役割を果たすことができる。

調査またはリサーチ: レベル 5

調査目標に合意し、独創的で価値あるアイデアを生み出すことができる。小規模な調査チームを主導し、アイデアを策定して検証し、建設的に批判する。必要な観察とテストを実施し、実行可能な場合には完全実装に向けた業務を行う。必要に応じて、定性的および定量的なデータ両方のためのデータ収集ツールと手法を設計することができる。学会で論文を発表し、出版物品質の論文を執筆し、顧客に報告書を提供することができる。

調査またはリサーチ: レベル 4

調査目標の達成に寄与し、調査の評価、開発、実証、実施のための適切なアイデアの概要を開発、調整することができる。実施した業務を報告し、出版物品質の資料の重要な部分を担当する場合がある。調査計画に寄与し、調査成果の出版と配布のための適切な機会を特定することができる。

調査またはリサーチ: レベル 3

特定の調査目標の範囲内で、調査の評価、策定、実証、実施などの適切なアイデアの概要を開発、調整することができる。関連する分野の最新知識を取得するために利用可能なリソースを用いることができる。実施した業務を報告し、出版物品質の資料の一部を担当する場合がある。

調査またはリサーチ: レベル 2

特定の調査目標の範囲内で、関連する分野の最新知識を取得するために信憑性と信頼性の高いリソースの選択と検証を支援することができる。実施した業務を報告し、出版物品質の資料の一部を担当する場合がある。