IT管理: Level 6

データ、音声、テキスト、音声および画像を含む、特定の情報通信システムサービスの計画、開発、提供のために必要なリソースを特定、管理することができる。変更管理業務により、上級レベルの顧客とプロジェクトチームに対する影響力を持ち、サービスとデータ整合性の合意されたレベルでインフラが提供されていることを確認することができる。予算編成、見積、計画、目標設定に対する全責任を負う。営業実績およびビジネスにとってのメリットにおけるITの役割に関し、自動化システムとサービスの性能を監視、管理するためのプロセスと手順の実装を、ビジネスパフォーマンスへの寄与とビジネスに対する寄与の面で計画、管理することができる。ここでは成功の尺度は、明確なビジネス/財務目標と業績目標の達成によって決定される。パフォーマンスを監視し、必要に応じて是正措置を実施することができる。