IT管理 ITMG

ビジネスのニーズを満たすためのITサービスおよび製品を開発、提供、サポートするために必要なITインフラとリソースを管理する。新しいサービスまたは変更されたサービスを準備し、変更プロセスを管理し、規制、法律および専門の基準を維持する。営業実績および財務コストと持続可能性に関し、システムおよびサービスのパフォーマンスを管理する。購入したサービスを管理する。ITインフラがビジネスニーズを十分満たすよう、継続的なサービス改善計画を策定する。

IT管理: レベル 7

企業の通信機能を含む技術リソースの管理のための戦略を策定し、変更の実現可能性とビジネスへの影響など、所属織において技術的な機会を推進することができる。すべての情報システムのサービスと製品の計画、開発および提供へのリソース配分を承認することができる。ITガバナンスに対する責任を負う。変更業務の管理と専門的な行動基準を規定する組織の方針を承認することができる。組織の成功のためにプログラムが果たす役割を管理することができる。ITの管理と適用における創造性と柔軟性を推進することができる。営業実績およびビジネスにとってのメリットにおけるITの役割に関し、IT関連のシステムとサービスのパフォーマンスを監視、管理することができる。

IT管理: レベル 6

データ、音声、テキスト、音声および画像を含む、特定の情報通信システムサービスの計画、開発、提供のために必要なリソースを特定、管理することができる。変更管理業務により、上級レベルの顧客とプロジェクトチームに対する影響力を持ち、サービスとデータ整合性の合意されたレベルでインフラが提供されていることを確認することができる。予算編成、見積、計画、目標設定に対する全責任を負う。営業実績およびビジネスにとってのメリットにおけるITの役割に関し、自動化システムとサービスの性能を監視、管理するためのプロセスと手順の実装を、ビジネスパフォーマンスへの寄与とビジネスに対する寄与の面で計画、管理することができる。ここでは成功の尺度は、明確なビジネス/財務目標と業績目標の達成によって決定される。パフォーマンスを監視し、必要に応じて是正措置を実施することができる。

IT管理: レベル 5

ITインフラコンポーネントの設計、調達、設置、アップグレード、操作、制御、保守(データ、音声、テキスト、音声および画像の保存と通信を含む)、およびこれらの効果的な利用に対する責任を負い、これらのパフォーマンスを監視することができる。合意されたサービスレベルが達成され、すべての関連する規程が遵守されるよう、IT運用の技術的な管理を行ううことができる。すべての保守設置作業をスケジュールし、監督することができる。運用上の問題を特定し、解決することができる。適切なステータスおよびその他の報告書を専門家、ユーザーおよびマネジャーに提供することができる。目的と現状に合致した運用手順と業務慣行を実施することができる。