企業活動の原則 STPL

組織の将来の状態を表現し、その進化を可能にする主要な原則、手法およびモデルを具体化する企業活動の原則などの構造を作成、反復、維持する。通常これには、ビジネス目標と推進の反復、ビジネス戦略と目的の「運用モデル」への変換、現在能力の戦略的評価、能力における必要な変更の特定、従業員、組織、サービス、プロセス、データ、情報、技術および外部環境の間での関係の解釈が含まれる。アーキテクチャ開発プロセスは、必要な発展を定義、保証および規定するために必要な制約、基準、基本原則の形成をサポートするものであり、これにより、組織の構造、プロセス、システムおよびインフラにおける変更が容易となり、目標とする状態への予測可能な移行が実現する。

企業活動の原則: レベル 7

ビジネス戦略の要件をサポートする企業の能力戦略の策定および検証を指示することができる。代替戦略のビジネス上のメリットを特定することができる。変更実装戦略が組織の管理に組み込まれるよう、組織全体のアーキテクチャとプロセスの開発を指示することができる。ビジネス戦略、企業変革活動、技術的な方向性が一致するよう、戦略、方針、基準および業務慣行を策定することができる。

企業活動の原則: レベル 6

市場と環境の動向、ビジネスの戦略と目的を理解、優先付けし、代替戦略のビジネス上のメリットを特定することができる。ビジネス目的の達成において技術が果たす役割を認識した上で、実現可能性調査を実施し、高レベルのビジネスモデルとビジネスケースを作成することができる。ビジネスの戦略的要件を満たすシステムの能力戦略の策定および検証をリードすることができる。変更の実装戦略が組織の管理に組み込まれ、すべてのステークホルダーの合意が得られるよう、組織全体のアーキテクチャとプロセスを開発することができる。高レベルのイニシアチブ策定のため、また承認、資金調達および優先順位付けのためにビジネスケースを開発し提供することができる。ビジネス戦略、企業変革活動、技術的な方向性が一致するよう、戦略、方針、基準および業務慣行を策定することができる。

企業活動の原則: レベル 5

ビジネス戦略の要件を満たすシステムの能力戦略の策定および検証に寄与する。戦略を推進するためのモデルと計画を策定し、ビジネスパフォーマンスを改善するための機会を活用することができる。情報システム、データ管理、業務慣行、手順、構成、実装を改善することにより、要件を決定し、効果的なビジネスプロセスを特定するための調査に対する責任を負う。