コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

検証: Level 4

機能的な仕様および非機能的な仕様の両方(反復性、効率性、有用性、保守性および移植性)についての自分自身の深い技術的な分析により、テストケースの作成に対する責任を負う。テストケースから要件までのトレーサビリティレコードを作成することができる。新しいおよび修正されたソフトウェアまたはサービスの検証のテストスクリプト、資料および回帰テストパックを作成することができる。環境、データ、リソースおよびツールに対する要件を特定することができる。合意された手法と基準を用いて、複雑なテストスクリプトを解釈、実行および文書化することができる。作業および結果を記録、分析し、欠陥レジスタを保持することができる。検証結果を検証し、必要に応じてテストを修正することができる。プロジェクト全体の進捗状況、異常、リスクおよび問題に関する報告書を作成することができる。システム品質に関する報告を行い、テストケースに関する測定基準を収集することができる。他者をサポートするために専門的な助言を提供することができる。