検証: Level 1

監督下で、与えられたテストスクリプトを実行することができる。結果を記録し、問題を報告することができる。設計開発のためのツールおよび妥当性確認プロセスとしてのシステム開発における検証の役割を理解している。