検証 TEST

適切な検証ツールと手法を用いて、合意されたプロセス基準と業界固有の規制に従い、検証を計画、設計、管理、実行および報告する。検証の目的は、新しいシステムおよび修正されたシステム、構成、パッケージ、またはサービスがインターフェースと共に指定された通り動作し(セキュリティ要件を含む)、展開に関連するリスクが十分理解され、文書化されていることを確認することである。検証には、設計プロセス、テストウェア(テストケース、テストスクリプト、テスト報告書、テスト計画など)の使用と保守、検証を行うソフトウェアの品質の測定と改善が含まれる。

検証: レベル 6

検証の方針を決定し、ソフトウェアのセキュリティテストを含むサポートプロセスを所有している。プロジェクトまたはプログラムの開発または統合におけるすべての検証業務の管理に対する責任を負う。検証に関連するすべてのリスクを管理し、リスクを許容できなくなった場合、予防措置を取ることができる。自動化テストを含む検証プロセスの代替案の実用性について評価、助言することができる。検証プロセスに対する改善を開始し、その実装を指示することができる。サプライヤーの開発能力および検証能力を評価することができる。すべてのフェーズにわたりプロジェクトの検証の基準を決定し、すべての当事者にこの基準に従うように指示を与えることができる。あらゆる検証の側面に関して顧客との関係を管理することができる。

検証: レベル 5

プロジェクトまたはプログラムの開発または統合において、ソフトウェアのセキュリティテストを含むシステムテスト、受入テストの計画を調整、管理することができる。検証と受入業務の整合性に対する責任を負い、これらの業務の実施を調整することができる。検証の計画と実施の側面に関する正式な助言と指針を提供することができる。プロジェクトのための検証の戦略を定義、伝達することができる。検証計画、リソース、費用、タイムスケールを含む検証のすべてのプロセスおよび検証の成果物とトレーサビリティを管理することができる。検証業務に関して顧客との関連を管理することができる。プロセス改善を特定し、企業のテスト基準およびベストプラクティスの定義に寄与する。

検証: レベル 4

機能的な仕様および非機能的な仕様の両方(反復性、効率性、有用性、保守性および移植性)についての自分自身の深い技術的な分析により、テストケースの作成に対する責任を負う。テストケースから要件までのトレーサビリティレコードを作成することができる。新しいおよび修正されたソフトウェアまたはサービスの検証のテストスクリプト、資料および回帰テストパックを作成することができる。環境、データ、リソースおよびツールに対する要件を特定することができる。合意された手法と基準を用いて、複雑なテストスクリプトを解釈、実行および文書化することができる。作業および結果を記録、分析し、欠陥レジスタを保持することができる。検証結果を検証し、必要に応じてテストを修正することができる。プロジェクト全体の進捗状況、異常、リスクおよび問題に関する報告書を作成することができる。システム品質に関する報告を行い、テストケースに関する測定基準を収集することができる。他者をサポートするために専門的な助言を提供することができる。

検証: レベル 3

要件および仕様を検証し、テスト条件を定義することができる。自分でテストケースとテストスクリプトを設計し、事前に定義された基準と比較し、成果を記録、報告することができる。検証業務と結果を分析、報告することができる。自分自身の作業に関連する問題とリスクを特定、報告することができる。

検証: レベル 2

特定の要件に対するテスト条件を定義することができる。テストケースを設計し、テストスクリプトと補助データを作成し、提供される仕様に従って作業を行うことができる。プロジェクトの検証計画に従い、テストケースを解釈、実行および記録することができる。検証業務と結果を分析、報告することができる。問題およびリスクを特定、報告することができる。

検証: レベル 1

監督下で、与えられたテストスクリプトを実行することができる。結果を記録し、問題を報告することができる。設計開発のためのツールおよび妥当性確認プロセスとしてのシステム開発における検証の役割を理解している。