システム開発の管理: Level 5

組織の目的と計画をサポートするソリューション開発プロジェクトを定義することができる。上級経営陣が必要なリソースを認識しており、またそれらを提供することが可能であることを確認することができる。測定可能なビジネス上のメリットにより正当化される、組織内のソリューション開発プロセスの改善に重要な役割を果たす。特にアジャイルプロジェクトにおいて、リソースの可用性を促進し、使用率を最適化することができる。開発プロジェクトの進捗状況のモニタリングと報告を行い、プロジェクトが合意された基準、手法および手順に従って実施されていることを保証することができる(セキュアソフトウェア開発を含む)。セキュア開発改善の慣行を適用することができる。