システム設計: Level 3

ユーザー/システムインターフェースの仕様を作成し、対象となる環境、性能およびセキュリティ要件、既存システムを考慮した上で論理設計を物理設計に変換する。詳細設計を行い、必要とされる基準、手法、および必要に応じてプロトタイピングツールなどのツールを使用してすべての作業を文書化する。