持続可能性の設計: Level 5

プロジェクト/システムの設計全般に対する責任を負い、持続可能性の基準、規格およびベストプラクティスが、コーディング、ホスティング、システム構築で使用するツールから、テストおよび運用におけるシステムのバックアップのために採用されるメカニズムとプロジェクト実施方法(チームミーティングなど)まで、プロジェクトのすべてのレベルで採用されていることを確認することができる。設計のためのビジネスケースのオプションが、持続可能性およびエネルギー効率の影響に対応していることを確認することができる。