持続可能性の設計: Level 4

持続可能性の基準とレベルを満たすコンポーネントとサブシステムを調査し推奨することができる。