現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 開発および実装 / システム開発 / 持続可能性の設計

持続可能性の設計 SUEN

保守および再利用を含む、エネルギーまたは材料を消費するシステムおよびサービスのライフサイクルのすべてのフェーズにおける持続可能性を保証するための適切な知識と方法を開発、適用する。これらには、エネルギー供給のリスク分析、資産および材料の持続可能な調達に対する指針の仕様作成、システム設計に影響を与えるエネルギーの効率性と持続可能性の要因、持続可能な運用および使用のためのシステム設計、効率的なコード設計と再利用/共有の原則の採用、作業をより持続可能な方法にするための行動変更の実施、運用におけるエネルギーと資源効率の検証などが含まれる。

持続可能性の設計: レベル 6

材料および資産の使用とリサイクルの最適化を含む、組織に対する肯定的な持続可能性の影響とエネルギーと二酸化炭素の削減を最大化する新しいシステムとサービスを設計するためのモデルを作成し、技術的なアーキテクチャを開発することができる。持続可能性におけるベストプラクティスを定義し普及させることができる。現在および今後の規制の持続可能性と効率性に関する義務、国内および国際的な基準、市場機能に関する組織の認識に影響を与えることができる。持続可能性のレベルを含む、ITおよびデジタルサービスの利用に対する組織の持続可能性戦略を促進、支援し、出張、エネルギー供給、消耗品、廃棄物、オフィス提供、戦略、調達およびプロセスをカバーすることができる。

持続可能性の設計: レベル 5

プロジェクト/システムの設計全般に対する責任を負い、持続可能性の基準、規格およびベストプラクティスが、コーディング、ホスティング、システム構築で使用するツールから、テストおよび運用におけるシステムのバックアップのために採用されるメカニズムとプロジェクト実施方法(チームミーティングなど)まで、プロジェクトのすべてのレベルで採用されていることを確認することができる。設計のためのビジネスケースのオプションが、持続可能性およびエネルギー効率の影響に対応していることを確認することができる。

持続可能性の設計: レベル 4

持続可能性の基準とレベルを満たすコンポーネントとサブシステムを調査し推奨することができる。