安全性の設計: Level 6

システムが最高の安全保全レベルを達成するための危険分析とリスク評価、安全関連システムアーキテクチャ設計、安全保障計画、コンプライアンスおよびセーフティケースの作成に対する全責任を負う。複数の複雑なまたは安全保全レベルの高いプロジェクトの安全関連の側面に対する責任を負い、チームメンバーに対し効果的なリーダーシップを提供することができる。