安全性の設計: Level 4

危険の特定、分析、文書化に寄与し、また、安全要件の取得、評価および特定に寄与する。安全妥当性確認の結果の分析と文書化を行うことができる。プロジェクトの安全性保証計画の策定と維持に寄与し、セーフティケースの作成のための安全性保証の証拠を収集することができる。