現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 開発および実装 / システム開発 / 安全性の設計

安全性の設計 SFEN

保守および再利用を含む、安全関連のシステム開発設計のライフサイクルのすべてのフェーズにおいて、安全性を保証するための適切な方法を適用する。これらには、安全上の問題およびリスク分析、安全要求仕様、安全関連システムのアーキテクチャ設計、形式的方法の設計、安全妥当性の確認と検証、セーフティケースの作成が含まれる。

安全性の設計: レベル 6

システムが最高の安全保全レベルを達成するための危険分析とリスク評価、安全関連システムアーキテクチャ設計、安全保障計画、コンプライアンスおよびセーフティケースの作成に対する全責任を負う。複数の複雑なまたは安全保全レベルの高いプロジェクトの安全関連の側面に対する責任を負い、チームメンバーに対し効果的なリーダーシップを提供することができる。

安全性の設計: レベル 5

危険を特定、分析し、リスク低減手段の特定と評価に寄与し、これらが十分に文書化されていることを保証することができる。最高の安全完全性レベルを達成する安全関連システムアーキテクチャの仕様を作成することができる。プロジェクトの安全性保証計画を策定、維持し、コンプライアンスのモニタリングを行い、セーフティケースの作成のための安全性保証の証拠が収集されていることを確認することができる。

安全性の設計: レベル 4

危険の特定、分析、文書化に寄与し、また、安全要件の取得、評価および特定に寄与する。安全妥当性確認の結果の分析と文書化を行うことができる。プロジェクトの安全性保証計画の策定と維持に寄与し、セーフティケースの作成のための安全性保証の証拠を収集することができる。

安全性の設計: レベル 3

安全性保証の証拠の収集を支援し、合意された安全基準、技術および品質の基準に従い、適切な手法とツールを使用してすべての作業を行うことができる。危険分析およびリスク分析活動の結果を文書化することができる。