プログラミング/ソフトウェア開発: Level 5

セキュリティの指針を含む、プログラミングツールや手法および適切な開発方法の選択のための現地またはチームの標準を設定することができる。基準および手法の適用に関する助言を提供し、コンプライアンスを維持することができる。ソフトウェア開発プロジェクトにおけるすべての段階、反復に対して技術的な責任を負い、プロジェクトの利害関係者に対して、手法特有の技術的な助言と指針を提示することができる。生産性を最適化するために、作業パッケージを割り当て、パフォーマンスのモニタリングを行い、動的に変更を管理することができる。必要に応じて、経験の浅い同僚に助言、指針および支援を提示することができる。