アニメーション開発: Level 4

設計ツール(ワイヤーフレームなど)を用いて、ウェブページのラビッドプロトタイプを作成し、設計概念の実現可能性を評価することができる。複雑なビジュアルデザインツールを使用し、ゲーム(または同様のシステム)設計のコンテキスト内の仮想キャラクタを作成、アニメーション化するために、ボーンリグなどの有機モデリング手法を採用することができる。ビジュアルコンポーネントおよびオーディオコンポーネントを構築し、通常、ゲームエンジンを使用し、それらをシステム構造に統合することができる。