ユーザーエクスペリエンス評価: Level 5

特定の視覚的な設計アプローチの有用性(安全衛生およびアクセシビリティを含む)の達成、および様々な関係者に対しそれらの持続可能性について助言することができる。評価すべき項目と評価の種類について助言することができる。ステークホルダーおよび組織の要件が満たされ、必要とされる実践がフォローされ、使用中のシステムが組織およびユーザーのニーズを継続して満たしていることを確認するために、システム、製品またはサービスを評価することができる。ウェブ入札の設計とワイヤーフレームとモックアップを含む提案を評価することができる。評価結果がシステム開発者により理解されていることを確認することができる。設計チームに影響を与え、有用性試験の結果に対する措置を講じることができる。