コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

ユーザーエクスペリエンス評価: Level 4

ステークホルダーおよび組織の要件が満たされていることを確認するため、あらゆる種類の評価を計画、実行し、形成的および総括的な有用性試験から選択することができる。管理された、または管理されない有用性試験を選択、管理することができる。合意された仕様に従い、ユーザーの要件、タスクと環境に適合していることを確認するため、開発中のシステムのテストを実施試験することができる。使用中のシステムを組織、ユーザー、他のステークホルダーおよび有用性のニーズの変化に応じて検査し、これらのニーズが満たされていることを確認することができる。利用コンテクストにおいて、変更に対する要件の安定性を評価することができる。設計チームに対して評価結果を解釈、提示し、有用性の問題を優先順位付けすることができる。