ユーザーエクスペリエンス分析: Level 4

定性的なデータ(例:サイト訪問から)を分析し、設計を推進するために使用される方法で(例:ペルソナ、レッドルート、ユーザージャーニーマップ)データを提示することができる。ユーザー/ステークホルダーのシステム目標を記述し、役割または影響を受けるステークホルダーのグループを特定することができる。ユーザーエクスペリエンス全体の観点から(例:使用法の形式で)必要とされるシステムの動作と性能を定義し、ユーザー要件の間の潜在的な競合(例:精度とスピードとの競合)を解決することができる。必要とされるシステムの有用性のための測定可能な条件を指定することができる。