ユーザーエクスペリエンス分析: Level 3

ユーザー/ステークホルダーを特定、関与し、関連する特性(例:「ペルソナ」)を定義し、ユーザーの目標とタスク(例:「ユーザーのストーリー」として)を記述することができる。システムが使用される環境を説明することができる。特殊なニーズを持つユーザーの要件(例:身体障害による要件)を特定、記述することができる。