現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 開発および実装 / ユーザーエクスペリエンス / ユーザーエクスペリエンス設計

ユーザーエクスペリエンス設計 HCEV

ユーザーエクスペリエンス全体を考慮し、ユーザー要件を満たすためにユーザーのタスク、インタラクションおよびインターフェースを繰り返し開発する。ユーザー中心の評価の結果により設計ソリューションを改良し、実装責任者に対して設計をフィードバック、伝達する。

ユーザーエクスペリエンス設計: レベル 6

企業または業界のアーキテクチャにおいて、ユーザーエクスペリエンス設計の実施を管理することができる。セキュリティを含む、関連する技術的な戦略、方針、基準および慣行特定し、それらへの準拠を確認し、組織のデジタルユーザーエクスペリエンス設計目標を達成することができる。作業の管理可能範囲を特定し、信頼性の高い配信ロードマップを開発し、持続可能な配信モデルを確立することにより、成功するデジタル移行プロジェクトの定義と形成においてリーダーシップを発揮することができる。

ユーザーエクスペリエンス設計: レベル 5

プロジェクトチームを率いてデジタルのための価値命題の重要な要素を開発することにより、デジタル資産全体で視覚的なユーザーエクスペリエンスを開発することができる。顧客と市場状況の理解をデジタル動向の知識と組み合わせ、ユーザー中心の、競争で優位に立てる概念を作成することができる。新しい概念とアイデアの生成を促進し、影響力のある概念を示すことができる。顧客の期待を管理し、ユーザーエクスペリエンス活動のコストとベネフィットを説明し、ユーザーエクスペリエンスの低下により生じるリスクについて助言する。

ユーザーエクスペリエンス設計: レベル 4

技術目標を定義するために他の分野の同僚と協力し、ソリューションのオプションを評価し、戦略的なビジネス目標を達成し、運用上の要件を満たすアーキテクチャソリューションを考案することができる。新しいウェブおよびデジタルプロジェクトのための設計概要を作成、または既存プロジェクトを再構築生することができる。デジタル資産全体の視覚的なユーザーエクスペリエンスを開発し、プロジェクトチームと協働し、提案と戦略を提示することができる。迅速に、デジタル概念を忠実性の高いビジュアル出力およびインタラクティブなプロトタイプに変換することができる。複数の分野にわたる要件を取得し、その要件をユーザーエクスペリエンス、プロトタイプおよび最終的な資産に変換することができる。UX活動の計画と見積りを行い、反復、ユーザーフィードバック、設計変更に合わせて構築し、異なる設計アプローチのコストとベネフィットを明確化することができる。

ユーザーエクスペリエンス設計: レベル 3

デジタル資産(ウェブおよびその他のデジタルチャンネル)の視覚的なユーザーエクスペリエンスを開発することができる。チームの一員として作業し、クリエイティブ面での指示を受け、デジタル概念を一貫性のあるグラフィカル表現に変換することができる。顧客およびユーザーからのビジネス要件の取得をサポートし、その要件を設計概要書に変換することができる。アクセス可能なユーザーエクスペリエンス、プロトタイプおよび最終的な資産を作成することができる。費用対効果が高く効率的なデジタルソリューションを定義し、積極的に技術的な問題を解決し、技術的なソリューションが継続的にビジネス要件を満たしていることを確認することができる。

ユーザーエクスペリエンス設計: レベル 2

CSSおよびページテンプレートによってウェブページのルックアンドフィールがどのようにコントロールされるかについての理解に基づき、画像、アイコンおよびビデオのアップロードおよび使用のために合意された手順を使用することができる。対象者のニーズを満たすために、ページレイアウトの原則とヘッドラインおよびサブヘッドラインの使用を適用することができる。