リリースおよび展開: Level 3

リリースおよび展開業務の特定の領域に対してツールおよび手法を使用することができる。行った技術的な業務とその結果を文書化し、業務記録を管理することができる。初期ユーザーへのサポートアドバイス提供など、初期サポート活動を行う場合がある。