構成管理 CFMG

組織の資産(文書、ソフトウェアとサービス資産、これらの資産の関連する情報とその関係を含む)のライフサイクルを計画、制御、管理する。これには、すべての構成要素(CI)および他のプロセスおよびデータに対するインターフェースの特定、分類および仕様の記述が含まれる。必要とされる情報は、CIの保存、アクセス、サービス、関係、バージョン、問題報告および変更管理に関連する。システム開発の初期段階から、CI ライフサイクルのすべてのステージにわたり、ISO 9000、ISO/IEC 20000、ISO/IEC 27000などの認知された外部基準に従い、状況の記録と監査、セキュリティを適用する。

構成管理: レベル 6

組織の構成管理システムを管理し、安全な構成管理のためのビジネスの価値と企業の方針を擁護することができる。プロセスが分類の一貫性とCIの管理、構成記録の検証と監査のために整備されていることを確認することができる。ビジネスサービスナレッジ管理システムにおいて重要な役割を果たす。ツール、プロセスおよび手法の調査と開発を管理することができる。

構成管理: レベル 5

構成項目(CI)および関連情報を管理することができる。CIを管理するためのツール、手法およびプロセスを調査、実装し、関連する情報が完全で最新かつ正確であることを検証することができる。

構成管理: レベル 4

安全な構成を維持し、正確で完全な最新情報を特定、追跡、記録および維持するためのツール、手法およびプロセスの適用と保守を行うことができる。

構成管理: レベル 3

CIに関連する情報を追跡、記録および修正するためにツール、手法およびプロセスを適用し、不正な変更、転用、不適切な使用から資産およびコンポーネントが保護されていることを確認することができる。

構成管理: レベル 2

構成要素、コンポーネントおよび変更を追跡、記録、報告および修正するためにツール、手法および変更を適用することができる。