変更管理 CHMG

サービス資産、構成要素および関連文書を含む、サービスインフラの変更を管理する。変更管理では、変更により影響を受けるビジネスサービスの可用性、性能、セキュリティおよびコンプライアンスの効果的なコントロールとリスクを低減するため、標準または緊急の変更、およびインシデントまたは問題に起因する変更のための変更要求(RFC)が使用される。

変更管理: レベル 6

運用中のサービスおよびテスト環境における変更管理のための組織の方針を策定することができる。影響を受けるビジネスサービスの可用性、性能、セキュリティおよびコンプライアンスに対するリスクが効果的にコントロール、対応されていることを確認することができる。

変更管理: レベル 5

複雑な変更要求のための実装計画を策定することができる。提案された実装におけるサービス環境固有の整合性(影響を受けるビジネスサービスの可用性、性能、セキュリティおよびコンプライアンスを含む)に対するリスクを評価することができる。これらの活動に対する承認を求め、変更実装の有効性を検証し、変更管理に関する組織の規程に対する改善を提案することができる。変更要求に基づいて変更の評価、分析、開発、文書化および実行をリードすることができる。

変更管理: レベル 4

変更要求に基づいて変更を評価、分析、開発、文書化および実行することができる。

変更管理: レベル 3

変更要求に基づいて変更を開発、文書化および実行することができる。変更管理手順を適用することができる。

変更管理: レベル 2

変更要求に基づいて変更を文書化することができる。変更管理手順を適用することができる。