資産管理 ASMG

企業資産のポートフォリオを保護、確保することを目指し、運用コストを最小化することによって総所有コストと持続可能性を最適化し、投資判断を向上させ、潜在的な機会を活用しながら、セキュリティ、目録、コンプライアンス、使用と廃棄を含む、管理される全資産(ハードウェア、ソフトウェア、知的財産、ライセンス、保証など)のライフサイクルを管理する。強化された資産管理開発の例としては、資産管理の国際規格の知識と利用、および、セキュリティ、変更、構成管理に対する密接な統合などがある。

資産管理: レベル 6

継続的に経済的かつ効果的なサービス提供を推進し、資産とサービスに対するすべての変更が適切かつ正確に管理、記録されていることを確認することができる。ハードウェア資産の保守、ソフトウェアのライセンス、知的財産の保護、法的義務などの問題に関する情報と助言を提供することができる。資産管理に対する認識と取り組みを推進することができる。所有の取得、変更または継続、あるいは資産、システムまたはサービスの使用のための意思決定により生じる結果とリスクの評価を開始することができる。

資産管理: レベル 5

ビジネス要件と規制要件に従い、財務および技術的なプロセス、ツールおよび手法を含む、ITサービス資産のサービスコンプライアンスを管理、維持することができる。関連するリスクを特定、評価および伝達することができる。資産管理者、インフラチームおよび企業が価値を調整、最適化し、コントロールを維持し、適切な法的コンプライアンスを維持していることを保証することができる。

資産管理: レベル 4

1つ以上の重要な領域でIT資産を管理し、資産の取得、保管、配備、移動および廃棄の管理が行われていることを確認することができる。承認された資産(ソフトウェアの安全なマスターコピー、文書、データ、ライセンス、供給契約、保証および保守)の登録と履歴を作成、分析し、これらのすべての資産が既知の状態と場所にあることを検証することができる。ソフトウェアの未ライセンスコピーなどの未承認資産の潜在的な問題を特定し解決するために行動することができる。