現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 展開および運用 / サービスの移行

サービスの移行

サービスの受け入れ SEAC

サービスの受け入れ基準が満たされており、それが展開された際に新しいサービスがサービスプロバイダにより運用可能な状態であることを正式に確認する。(サービス受け入れ基準は、サービスが機能、運用支援、性能および品質の要件を含む、定義されたサービス要件を満たしていることを確認するために使用される)。

構成管理 CFMG

組織の資産(文書、ソフトウェアとサービス資産、これらの資産の関連する情報とその関係を含む)のライフサイクルを計画、制御、管理する。これには、すべての構成要素(CI)および他のプロセスおよびデータに対するインターフェースの特定、分類および仕様の記述が含まれる。必要とされる情報は、CIの保存、アクセス、サービス、関係、バージョン、問題報告および変更管理に関連する。システム開発の初期段階から、CI ライフサイクルのすべてのステージにわたり、ISO 9000、ISO/IEC 20000、ISO/IEC 27000などの認知された外部基準に従い、状況の記録と監査、セキュリティを適用する。

資産管理 ASMG

企業資産のポートフォリオを保護、確保することを目指し、運用コストを最小化することによって総所有コストと持続可能性を最適化し、投資判断を向上させ、潜在的な機会を活用しながら、セキュリティ、目録、コンプライアンス、使用と廃棄を含む、管理される全資産(ハードウェア、ソフトウェア、知的財産、ライセンス、保証など)のライフサイクルを管理する。強化された資産管理開発の例としては、資産管理の国際規格の知識と利用、および、セキュリティ、変更、構成管理に対する密接な統合などがある。

変更管理 CHMG

サービス資産、構成要素および関連文書を含む、サービスインフラの変更を管理する。変更管理では、変更により影響を受けるビジネスサービスの可用性、性能、セキュリティおよびコンプライアンスの効果的なコントロールとリスクを低減するため、標準または緊急の変更、およびインシデントまたは問題に起因する変更のための変更要求(RFC)が使用される。

リリースおよび展開 RELM

運用およびユーザーコミュニティに対する管理された効果的な引き渡しを可能にするため、変更および更新のパッケージ化、ビルド、検証、展開のためのプロセス、システムおよび機能(「リリース」と総称)を管理し、特定のサービスを確立、継続する。