現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 展開および運用 / サービスオペレーション / ストレージ管理

ストレージ管理 STMG

オンライン、オフラインをカバーするストレージ用ハードウェアとソフトウェア、リモートおよびオフサイトデータストレージ(バックアップ、アーカイブおよびリカバリ)を計画、実装、構成および調整し、規制およびセキュリティ要件の遵守を確認する。

ストレージ管理: レベル 6

情報の重要度に基づきストレージおよびデータを管理するための戦略を策定し、規制およびセキュリティ要件の遵守を管理することができる。企業のデータ管理実践に対する方針と基準の起草と保守を行い、情報の価値、データの分類、リカバリポイントとリカバリ時間の目標に基づき、ビジネス目標を達成するよう、ストレージへの投資とデータ管理方針を整合させることができる。

ストレージ管理: レベル 5

合意されたサービスレベルを提供するため、ストレージおよびバックアップシステムを管理することができる。ストレージリソースを最大限に活用し、高品質のITサービスの作成、改善およびサポートに対する責任を負い、ビジネスデータのセキュリティ、可用性および整合性を保証することができる。様々なオンラインおよびオフラインストレージ装置を用いて、すべてのビジネスアプリケーションとビジネスデータに対するデータ保護と災害復旧機能を実装するための基準、規程および指針を立案することができる。

ストレージ管理: レベル 4

キャパシティ、性能、可用性および他の運用上の測定基準を検証し、ビジネス情報を安全に保護するための要件をサポートするために、ストレージとバックアップシステムの修正と予防的な保守を保証するための適切な行動を行うことができる。改善のための報告書と提案を作成し、システム内の新しいインストール、予定された保守および変更の計画と実施に寄与する。運用手順の作成と保守を行い、経営陣に対して技術的な専門性と適切な情報を提供することができる。

ストレージ管理: レベル 3

高性能で拡張性のあるバックアップとリストア作業をスケジュールに従って定期的に行い、オフサイトのストレージを追跡することができる。合意された運用手順(レジリエンスのためのレプリケーションソフトウェアの使用など)に従い、ストレージの割り当て、安全なストレージシステムのインストールと保守のための文書化された構成を実施することができる。運用上の問題を特定し、それらの解決に寄与する(例:SAN のディスク障害のモニタリングと交換)。標準的な管理、報告ツールを使用してストレージの使用率、性能、バックアップ統計を収集、報告することができる。