無線エンジニアリング: Level 3

保守スケジュールに従い、適切なツールとテスト装置を用いて、無線周波数/アナログ要素の展開、設定、チューニングおよび校正を行うことができる。ハードウェア/ファームウェアの変更を組み込むことができる。自動障害/性能指標を解釈し、指示された手順に従って、個別部品レベルまでの障害を解決する、またはエスカレーションを行うことができる。