問題管理 PBMG

分類、優先順位付け、行動の開始、根本原因の文書化、将来のインシデントを防ぐための措置の実施を含め、情報システムのライフサイクルにわたり、反応措置および事前措置として問題を解決する。

問題管理: レベル 5

システムおよびサービスにおける問題を予測、調査、解決するために適切な措置が取られていることを確認することができる。関連する報告システム内で、これらの問題が完全に文書化されていることを確認することができる。問題の解決策の開発を促進することができる。合意された改善措置と予防措置の実施を調整することができる。パターンの傾向を分析することができる。

問題管理: レベル 4

システム、プロセスおよびサービスにおける問題を調査、解決するための活動を開始し、モニタリングを行うことができる。問題の解決策/改善措置を決定することができる。合意された改善措置と予防措置の実施を支援することができる。

問題管理: レベル 3

システム、プロセスおよびサービスにおける問題を調査することができる。合意された改善措置と予防措置の実施を支援することができる。