ITインフラ ITOP

ITサービスを提供、サポートするために必要なITインフラ(通常、ハードウェア、ソフトウェア、様々なメディアに保管されたデータ、ワイドエリアネットワークおよびローカルエリアネットワーク内のすべての機器)およびビジネスニーズを満たすための製品を運用、管理する。営業実績、セキュリティおよび持続可能性における役割に関連し、新しいまたは変更されたサービスの準備、変更プロセスの操作、規制、法律および専門的な基準の維持、仮想化された計算環境におけるシステムとコンポーネントの構築と管理、、への寄与に関連するシステムとサービスの性能のモニタリングが含まれる。

ITインフラ: レベル 4

運用手順の正しい適用を可能にするために技術的な専門知識を提供することができる。ネットワーク負荷と性能統計を評価するためにネットワーク管理ツールを使用することができる。仮想化された計算環境におけるシステムとコンポーネントの構築と管理を含む、保守およびインストール作業の計画と実行に寄与する。合意されたネットワーク変更と保守ルーチンを実装することができる。運用上の問題を特定して問題解決に寄与し、それらが合意された基準と手順に従って管理されていることを確認することができる。専門家、ユーザーおよびマネジャーに対して、改善のための報告書と提案を提供することができる。

ITインフラ: レベル 3

ネットワーク構成、インストールおよび保守を含む、合意された運用手順を実施することができる。ネットワーク負荷と性能統計を収集、報告するためにネットワーク管理ツールを使用することができる。保守、インストール作業の実施に寄与する。標準的な手順とツールを使用して規定のシステムバックアップを行い、必要な場合にはデータの復元を行うことができる。運用上の問題を特定し、問題解決に寄与する。

ITインフラ: レベル 2

規定のルーチン的な運用手順を実施することができる。保守、インストールおよび問題解決に寄与する。

ITインフラ: レベル 1

指示に従ってシステム運用に寄与する。