施設管理 DCMA

集合的にIT資産を構成するすべての設備の計画、制御および管理を実施する。これには、スペースと電力の割り当て、エネルギー使用率に関する統計情報を提供するための環境監視を含む、物理的な環境の提供と管理が含まれる。物理的なアクセス制御、職場における安全衛生に関連するすべての必須の方針と規制への準拠をカバーする。

施設管理: レベル 6

IT資産の管理に対する組織の方針を設定し、ベストプラクティスを使用して、方針が反映されていることを確認することができる。データセンターのスペースに対する将来の要件が予測され満たされていることを確認するための戦略を策定することができる。安全衛生に関する規制と電気安全方針への準拠に対する全責任を負う。将来の計画が企業の持続可能性の目標を満たすように整合されていることを保証するための業界のベストプラクティスの使用を追求、確認することができる。

施設管理: レベル 5

データセンターの標準、プロセスおよび文書化を策定、維持することができる。データセンターのスペースの利用の効率性を最適化することができる。関連するすべての方針とプロセスに対する準拠を確認することができる。設置するインフラの種類および関連する電源、スペース、冷却能力、使用率、および、企業の持続可能性目標を満たすための措置を計画、記録、管理するためにデータセンター管理ツールを使用することができる。

施設管理: レベル 4

データセンター管理ツールを使用し、電源、冷却およびスペースに関する管理情報を作成し、必要に応じて問題を調査することができる。方針と手順の遵守を確認するためにルーチン的な監査および検査を行うことができる。必須の電気安全テストの実施を調整することができる。

施設管理: レベル 3

合意された手順への準拠を監視し、非準拠のインシデントを調査、評価、解決し、必要に応じてエスカレーションすることができる。ユーザーが必要とする物理的なアクセスを承認し、全体的なアクセス制御を監視、報告することができる。