キャパシティ管理: Level 4

サービスコンポーネントのキャパシティを監視し、合意された手順に従い、不足を補うための行動を開始することができる。特定のリソースまたはサービスの需要を管理するための手法を適用することができる。