現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 展開および運用 / サービスオペレーション / キャパシティ管理

キャパシティ管理 CPMG

ビジネスに整合したコスト効率的な方法で、現在および将来のニーズを満たすためのサービスコンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークリソース、サービスとしてのソフトウェア/インフラ)の性能、機能性および持続可能性を評価する。これには、サービスの実施と展開のために必要なキャパシティレベルにおける長期的な変化と短期的な変動の予測、また適切な場合は、特定のリソースまたはサービスに対する需要を管理するための手法の実装が含まれる。

キャパシティ管理: レベル 6

ITサービスのすべての性能測定がビジネスニーズを満たし、サービス要件または実施中のサービスレベル契約に従っていることを確認するための方針と戦略を策定することができる。組織の計画または予算サイクルに合わせてキャパシティの予測を行うことができる。キャパシティ管理に対する方針および基準が目的と現状に合致し、正しく実装されていることを確認することができる。新しいビジネス提案を検証し、キャパシティおよび需要に関する問題に関する専門的な助言を提供することができる。

キャパシティ管理: レベル 5

サービスコンポーネントのキャパシティ管理に対する基準と規程の起草と保守を行うことができる。基準と規程が正しく実施されていることを確認することができる。キャパシティに関する問題を特定し、必要な変更を指定するために、サービスレベル契約に従い、先を見越して情報を検証することができる。ビジネスユーザーと協働し、需要に応じた短期的および中期的な変更に合意し実装することができる。

キャパシティ管理: レベル 4

サービスコンポーネントのキャパシティを監視し、合意された手順に従い、不足を補うための行動を開始することができる。特定のリソースまたはサービスの需要を管理するための手法を適用することができる。