可用性管理: Level 6

新しい可用性の高い技術および方法の開発と実装を含む、サービスとコンポーネントの可用性の設計、監視、測定、維持、報告および継続的な改善のための方針を設定し、戦略、計画およびプロセスを策定することができる。