現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / スキルおよび品質 / スキル管理 / 指導法と主題の形成

指導法と主題の形成 TEAC

初等から高等(すべての年齢範囲)まで、および職場におけるすべてのレベルの教育システムにおいて、コンピュータ技術および情報技術(電子通信を含む)のためのカリキュラムを特定、設計、開発、提供、評価する。トピックには、コンピュータの基礎とより専門的な領域、およびコンピュータとITの専門家、ITベースのシステムの上級ユーザーがコンピュータとITシステムを生産的に使用するために必要となる一般的なスキルが含まれる。これらには、計算思考のアイデア、日常生活と職業生活における計算概念の適用などがある。特に、コンピュータおよびIT教育の方法、手法および教育学(教師、チューターまたは講師としての資質および指導方法の研究)を考慮する。

指導法と主題の形成: レベル 6

初等から高等レベルまで、または職場における公式な教育環境において、コンピュータおよびITカリキュラムの指定、開発および提供をリードすることができる。コンピュータおよびIT教育を適切な教育レベルで提供するという専門領域において、専門性を発揮することができる。現代的な手法および方法を用いて、コンピュータおよびIT教育分野の研究を評価、批評し、学習コンテンツの設計、開発および提供におけるグッドプラクティスの開発をリードすることができる。

指導法と主題の形成: レベル 5

初等から高等レベルまで、または職場における公式な教育環境において、コンピュータおよびITカリキュラムを提供することができる。コンピュータおよびIT教育を適切な教育レベルで提供することにおいて、専門性を発揮することができる。コンピュータおよびIT教育分野の研究を評価、批評するために使用される技術と手法を理解し、学習コンテンツの設計、開発および提供においてグッドプラクティスを適用することができる。