品質管理 QUMG

機能またはプロセスのあらゆる側面に関し、品質を監視、改善するための手法を適用する。国内および国際的な基準、または必要に応じて、持続可能性およびセキュリティに関連する方針を含む、組織内部の方針への準拠を実現、維持する。

品質管理: レベル 7

経営陣による承認または採用のための品質戦略を設定することができる。品質に関する方針が組織のニーズと目的をどの程度満たしているかを測定し、必要に応じて検証することができる。内部品質監査スケジュールを計画し、リソーシング(直接的または間接的)とモニタリングを行うことができる。品質および環境システムを定義、検証することができる。十分な技術、手順およびリソースが品質システムをサポートするために配置されていることを確認することができる。

品質管理: レベル 6

戦略、より広いビジネス目標、内部および外部監査の結果、および同僚からの助言に照らして、品質と環境で改善すべき分野を優先順位付けすることができる。これらの分野に対する適切な品質管理手法の適用を開始することができる。アプローチおよび業務慣行を変更することにより、認められたモデルを使用してプロセス改善を開始することができる。必要に応じ、国内および国際的な基準に対する準拠を実現、維持することができる。問題の根本原因を調査することにより、システムおよびサービスのエラーを削減し、品質を改善するための体系的な是正処置を特定、計画することができる。

品質管理: レベル 5

適切な品質、環境管理手法の適用について助言を行うことができる。アプローチおよび業務慣行を変更することにより、認められたモデルを使用してプロセス改善を促進することができる。

品質管理: レベル 4

品質管理モデルおよび手法を使用して改善すべき分野を特定することができる。システムおよびサービスのエラーを削減し、品質を改善するための是正処置を決定することができる。