適合性検証: Level 3

正式に実行および計画された活動、プロセス、製品またはサービスの一環として証拠を収集、照合することができる。経営陣の指示に従っていることを確認するため、あるいは異常の発生を特定するため、指定された検証戦略の一環として記録を検証することができる。