専門性開発: Level 4

スキルフレームワークまたは標準的なフレームワークへのアクセスに関する情報を維持することができる。スキルフレームワークの知識および組織の能力開発ニーズから、必要とされる学習または能力開発の成果について助言を提供することができる。学習者の成果の記述に基づき、能力開発計画の策定プロセスを支援することができる。学習者の継続的な専門性開発の記録を監視し、成果と達成された能力が記録され、成果の記述と一致していることを確認することができる。