現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / スキルおよび品質 / 人材の管理 / パフォーマンス管理

パフォーマンス管理 PEMT

能力の決定、チームへの統合、タスクの割り当て、指示、サポート、誘導、動機付けおよびパフォーマンス管理を含め、社員のパフォーマンスを最適化する。

パフォーマンス管理: レベル 6

変更やサービス提供の環境において個人を管理することができる。管理および監督責任を割り当てることができる。指導およびサポートを提供し、可能な場合には企業の目的を達成するために責任を委譲することができる。キャリアの機会および組織に対する貢献を考慮し、上級レベルの社員を指導し、影響を与えることができる。パフォーマンス目標を設定し、合意された品質およびパフォーマンス基準に対する進捗状況を監視することができる。効果的なパフォーマンス管理プロセスを開始、開発および監視することができる。給与交渉や懲戒に関する規程などの公式なプロセスをリードすることができる。

パフォーマンス管理: レベル 5

個人およびグループを管理することができる。責任と一連の作業を割り当てることができる。個人の能力に基づき、必要に応じてサポートおよび指針を提供することができる。必要に応じて責任を委譲することができる。キャリアパスについて個人に助言し、スキルと能力の積極的な開発を奨励することができる。パフォーマンス目標を設定し、合意された品質およびパフォーマンス基準に対する進捗状況を監視することができる。パフォーマンス管理サイクル全体で効果的なフィードバックを提供し、パフォーマンスの最適化を保証することができる。組織内の他の場所で個人を指導することができる。必要に応じて、給与交渉や懲戒に関する規程などの公式なプロセスに参加することができる。

パフォーマンス管理: レベル 4

個人およびチームを監督することができる。ルーチン的なタスク、プロジェクト業務を割り当てることができる。個人のスキルと能力に基づき、必要に応じて指示、サポートおよび指針を提供することができる。合意された品質およびパフォーマンス基準に対する進捗状況を監視することができる。チームメンバー間での効果的な職場での関係を円滑にするための行動を取ることができる。