現在位置: ホーム / SFIA 6 / スキル / 関係性およびエンゲージメント / ステークホルダー管理 / リレーションシップマネジメント

リレーションシップマネジメント RLMT

ステークホルダーとの関係およびステークホルダー間の関係の特定、分析、管理、モニタリングを行う。(ステークホルダーとは、製品やサービス、または製品やサービスに対する変更に関連する意思決定、活動、成果に影響を与える、これらにより影響を受ける、または自分が影響を受けることを認識している個人、グループまたは組織を指す)。影響を協議、考慮することにより、相互のニーズとコミットメントを明確にする。例としては、顧客の満足を達成し、サプライヤーに対して許容可能な利益を実現するために、1人以上の顧客のためにあらゆる販促活動を調整すること、提供された製品およびサービスから最大限の利益が得られるよう顧客を支援することなどがある。

リレーションシップマネジメント: レベル 7

ステークホルダーの目的と要件を理解するための戦略的なアプローチを決定することができる。すべての関係者と協働し、技術部門とエンドユーザーの間の関係に対する責任を含む、ステークホルダーとの効果的な関係を構築することができる。ステークホルダーの目標を達成する方法についての全体的なビジョンを確立、促進し、組織の役割と整合性を判断することができる。最上級レベルのステークホルダーとの関係を積極的に管理し、問題解決のための最終的なエスカレーションポイントとして機能することができる。

リレーションシップマネジメント: レベル 6

内部または外部の最大規模の顧客組織において、上級レベルのステークホルダーと長期的で戦略的な関係を構築することができる。唯一の窓口として機能し、同僚および主題の専門家に対するアクセスを容易にすることができる。顧客の業界とビジネスに関する強い理解を維持し、IT戦略の形成において顧客を支援し、これらの戦略に整合した製品とサービスを提供していることを確認することができる。技術的および商業的な問題について上級管理職と交渉することができる。サービス、製品およびシステムの開発と強化に影響を与え、ビジネス機会の管理と計画を監督することができる。関係のモニタリングを監督し、関連するフィードバックに基づいて行動することができる。

リレーションシップマネジメント: レベル 5

ビジネスオーナーおよび主題の専門家と連携し、各ステークホルダーグループのコミュニケーションニーズを特定することができる。コミュニケーション/ステークホルダーのエンゲージメント戦略を特定のタスクに変換することができる。ステークホルダー間のオープンなコミュニケーションと議論を促進し、ステークホルダーのエンゲージメント戦略と計画を策定、維持し取り組むことにより、唯一の窓口として機能することができる。(例としては、1人以上の顧客に対する組織の販促/営業活動を監督し、これらの活動が企業のマーケティングの目的に整合していることを確認することなどがある)。組織の方針と戦略に従い、上級レベルのステークホルダーと交渉することができる。評価と理解の促進のために情報に基づいたフィードバックを提供することができる。

リレーションシップマネジメント: レベル 4

苦情、問題と課題の処理、解決策、是正措置と学んだ教訓の管理、関連情報の収集と配布などにより、ステークホルダーのエンゲージメント/コミュニケーション計画を実行することができる。ステークホルダーからのフィードバックを使用し、ステークホルダー管理の有効性を測定することができる。顧客およびステークホルダーとの関係の開発と強化を支援することができる。